Menu

対談:シネイド・バーク + ターニャ・コンパス

声を届ける

ミラノ・デジタル・ファッションウィークでイタリア・ファッション国立商工会議所

ミラノ・デジタル・ファッション・ウィークに向けて雑誌『ICON』の編集長であるアンドレア・テネラーニがキュレーションしたシリーズでは、特別ゲストのシネイド・バークが、ユースワーカーで活動家、かつ「CHIME FOR CHANGE」諮問委員会のメンバーでもあるターニャ・コンパスを迎え、アライシップ、インターセクショナリティ、クィアネス、自己表現について語り合い、ターニャ の「声高に存在する(Exist Loudly)」という哲学について掘り下げています。表現や言語の重要性、そして喜びや癒し、コミュニティのための安全な空間を作り上げることに関する、刺激に満ちた対話です。

Related stories
previous slide
01 / 03
next slide