Menu

プラスチックフリー イニシアチブ

プラスチック廃棄物を最小限に抑えるため、あらゆる行動が重要に

グッチが親会社のケリングの下で2019年に署名したFashion Pact(ファッション協定)で定められた義務の1つは、プラスチックの消費と廃棄物に関連するものです。それ以来グッチでは、プラスチックの消費量を最小限に抑えるためのさまざまなプログラムをスタートしており、消費量をさらに削減するための新しい方法を常に模索しています。たとえば、グッチのイタリアのオフィスすべてで実施されているプラスチックフリーイニシアチブにより、社内のカフェ、社員食堂、自動販売機、会議室での使い捨てプラスチックの使用は中止されており、より持続可能な代替品が使用されています。グッチはこのイニシアチブを事業全体に拡大することに取り組んでいます。

プラスチックの環境負荷をさらに削減するために、すべての社員に、ロゴ入りの再利用可能なスチール製ウォーターボトルを提供しました。これは、前年と比較して約25万本のペットボトルが使用されなくなったことを意味するだけでなく、一人ひとりの行動により地球環境に及ぼす影響を大幅に削減することができるということを社員に認識してもらうためにも役立ちました。

グッチは、これらの取り組みを事業全体で強化するとともに、ケリングが署名したFashion Pact(ファッション協定)に沿って、小売用パッケージは2025年までに、工業用パッケージは2030年までに、使い捨てプラスチックパッケージの使用を廃止するという目標も設定しています。

Related stories
previous slide
01 / 03
next slide