Menu

Gucci Design Fellowship Program

世界各地のファッションスクール10校とのパートナーシップにより、若きデザイナーに学びの機会を提供します。

グッチ デザイン フェローシップ プログラムは、ダイバーシティ&インクルージョンのイニシアティブの一環として2019年に設立されました。本プログラムは、世界各地にあるファッションスクール10校とのパートナーシップにより、弱い立場に置かれた若者たちに多様な文化との交流を促すとともに、プロフェッショナルの世界での経験やラグジュアリーファッションデザインに触れる機会を提供するものです。

選考過程では、さまざまな背景を持ちながらデザイナーを目指す若者たちの文化的交流を促進するため、世界各地のファッションスクールで学ぶ学生に課題を与え、それぞれ異なる製品カテゴリーを専攻する学生を各校から5名ずつ、合計50名のファイナリストを選出しました。

ファイナリストとなった学生は1週間イタリアに招待されました。ローマとフィレンツェでグッチについて学び、グッチのデザインチームと面会する機会を持ったのち、最終的に11名が研修生に選ばれました。

「成長するための最善の方法はさまざまな文化を体験することです」

グッチ社長兼CEO マルコ・ビッザーリ

11人の学生デザイナーたちは、グッチ本社で12カ月間の研修に参加します。期間中、彼らはさまざまな体験を通じて感性と技術を磨きながら、ラグジュアリーファッション業界を知る機会を得ることができます。学びの場を提供することは、学ぶ側だけでなく教える側にとっても有益であるとグッチは考えています。グッチのデザイナーたちも世界中から集まったフレッシュな感性を持つ学生と接することで良い影響を受けているのです。

Gucci Design Fellowship Program in numbers:
50 finalists from 10 fashion schools from around the world
A day of working sessions with the Gucci Design Office in Rome to enable selection of the winners
An awards ceremony held in Rome
11 winners selected
Related stories
previous slide
01 / 03
next slide