Menu

第一回Gucci Equilibrium インパクトレポート

第一回目のレポートは、将来に目を向けて人と地球にポジティブな変化を生み出すためにグッチが行った取り組み、進歩、行動についてまとめています

詳細については、Gucci Equilibrium インパクトレポート全文および2020年グッチ デジタル EP&Lをご覧ください。

グッチは、将来に目を向けて地球にポジティブな変化を生み出すためにグッチが行った取り組み、進歩、行動についてまとめた初のGucci Equilibriumインパクトレポートを発表しました。

このレポートには、グッチの環境損益(EP&L)の結果も含まれており、2020年のデータが組み込まれています。このレポートは、2015年より環境への複合的な影響を44%削減し、2025年までの削減目標を4年先行して達成したことを明らかにしています。環境損益(EP&L)からは、2019年と比較して、温室効果ガス排出を17%、環境全般への負荷を9%削減し、2015年以来、毎年連続して前年比削減を達成してきたことを確認できます。

「第一回目となるGucci Equilibrium インパクトレポートは、グッチがすべてを包括的に捉え、持続可能で責任ある行動をとり、説明責任を果たすことに深く根差した取り組みを行っていることを示しています」と、グッチ社長兼CEOのマルコ・ビッザ-リは話します。「私たちは、環境全般に対する負荷の削減目標を4年先行して達成しており、この成果は、抜本的な変化を生み出そうとするグッチの取り組みを明確に示すものです。私たちの使命は、より良い明日を実現するための問題解決の一助となることです。今後も事業全般において、さらに広い世界で、本質的な価値、つまり人のため、気候のため、自然のためになる価値を生み出してまいります。」

グッチ社長兼最高経営責任者マルコビザリ

詳細については、Gucci Equilibrium インパクトレポート全文および2020年グッチ デジタル EP&Lをご覧ください。

Explore other topics
Related stories
previous slide
01 / 03
next slide