Menu

母娘ユニット、トーニャとサッチェル・リーの率直でオープンな対話

ビデオの説明

新しいGucci Changemaker映画の監督を務める母娘ユニットのトーニャ・リーとサッチェル・リーがここ1年を振り返る、率直でオープンな対話をお聴きいただけます。2人はこれまで皆が生きてきた1年の不安定さ、特にブラック・ライブズ・マター運動のインパクトと、本当に実を結ぶ変化とは何であるかを語り合います。そして家族の大切さ、毎日のリチュアル、先の見えないこの時期にクリエイティビティを維持する方法にも触れています。

映画監督のサッチェル・リーは2017年にニューヨーク大学のティッシュ・スクール・オブ・アート、フィルム・プログラムを修了。クィア・ファッションとアートを扱う雑誌『Drøme』のクリエイティブ・ディレクターを務めています。

サッチェルの母、トーニャ・ルイス・リーは映画とテレビのプロデューサー、作家、起業家であり、女性と子供たちの健康に関する啓発活動に取り組んでいます。

Related stories
previous slide
01 / 03
next slide