Menu

I was a Sari

グッチは、ムンバイで社会から取り残されたコミュニティに生きる勤勉な女性たちを支援しています。彼女たちが世界的に認められる職人として成長し、経済的な自立を実現するためのサポートを提供しています。

「I was a Sari」は、2013年にステファノ・フナーリによって創設されたインドのソーシャル・ビジネス企業で、使われなくなったサリーをアップサイクルしてコンテンポラリーなウェアやアクセサリーを製造および販売しています。伝統的な女性の衣装であるサリーは、インドが誇る文化の象徴でもあります。
「I was a Sari」の製品は、インドで社会から取り残された女性たちによってハンドメイドで製作されています。彼女たちに定期的な収入をもたらすことで、経済的自立を支えています。

「昨日までの私たちには、自分のための人生という考えはありませんでした。家庭の外に出るなど思ってもみなかったのです。でもI Was a Sariに参加してからは、私たちも尊重されているのだと感じるようになりました」

職人、ルビナ・シェイク

「多くの方が彼女たちの職や教育の不足に目を向けるかもしれませんが、私たちから見る彼女たちは、未来を築くために学ぶ、才能を秘めた職人たちなのです」

「I was a Sari」創設者兼CEO、ステファノ・フナーリ

グッチは2018年からこの取り組みを支援しており、女性職人に向けた特別な刺繍のトレーニングなど、数々のプログラムを実施してきました。そして、グッチのパートナーである主要輸出企業のうち4社と協力することにより、伝統的な技法のトレーニングを受けた職人たちの手によって作られた「I was a Sari」の新たなプレミアムラインが誕生しました。

「Community Outreach Programme」と「Animedh Charitable Trust」の2つの地元 NGO の協力により職人たちは初期トレーニングを修了し、2019年には、Gucci Changemakersボランティアプログラムの一環としてローマのグッチ クリエイティブ オフィスで実施されたワークショップにも参加しました。

「多くの人にとって不要であるものの中に、私たちは価値を見出します。古いサリーの山も、私たちの目にはコンテンポラリーなファッションを生み出す可能性の山として映っているのです」

「I was a Sari」創設者兼CEO、ステファノ・フナーリ

2019年、「I was a Sari」は、インド初のサステナブルファッションの賞である「Circular Design Challenge Award 」を受賞しました。さらにミラノで毎年開催されているサステイナブルなファッションを称えるグリーン・カーペット・ファッション・アワードでは、「Responsible Disruptive Award」を受賞しました。

I Was a Sari in numbers:
168 female artisans involved in the project by March 2020
160% increase in headcount and 270% increase in products sold since 2018

2020年夏には、オープンソースのデジタルプラットフォーム上で、グッチのCHIME FOR CHANGEがスポンサーを務める刺繍のトレーニングプログラムが実施される予定です。このプログラムでは、「I was a Sari」とGucci Equilibriumのパートナーシップにより効果の拡大を図り、この取り組みがより多くの女性に活かされることを目指します。

Related stories
previous slide
01 / 03
next slide