Menu

Generation Equality(平等を目指す世代)

Gucciは、ジェンダーの平等に向けて国際社会に働きかけるUN WomenのGeneration Equality Forum(平等を目指すすべての世代のためのフォーラム)に参加します

I2021年初頭、ジェンダー平等の実現に向けた世界的な影響力をさらに向上させるため、グッチはフェミニスト・ムーブメントとリーダーシップ・アクション・コアリションの民間部門リーダーとして、Generation Equality Forumに参加しました。

UN Womenが主催し、メキシコやフランスの政府が若者や市民と協力して共催するGeneration Equality Forumは、2026年までにジェンダーの平等に向けた行動と世界的なコミットメントを加速させようと企画されました。

「ジェンダー平等な未来には、協力者が欠かせません。グッチは、国や世代を超えてジェンダーの平等のために行動を起こし、集団コミュニティへの参加を促すことを目指す協力者でありたいと考えています。我々の半数が躊躇していたら、誰も前には進めないからです」

マルコ・ビッザーリ、グッチ社長兼CEO

 

1995年に北京で開催された歴史的な世界女性会議以降の26年の間に、重要な成果はいくつかあったにもかかわらず、ジェンダーの平等を達成した国はまだひとつもなく、新型コロナウイルスによってその進展は危機に直面しています。Generation Equality Forumは、さまざまな世代や分野の関係者を集め、ジェンダー平等への道に向けて団結しようという画期的なイベントです。2021年3月にメキシコシティで始まり、2021年6月にパリで終結するバーチャルおよび対面の集会を通じて、同フォーラムでは6つのアクション・コアリションで、ジェンダーの平等のための迅速な緊急行動を目指すアジェンダを成立させる予定です。

アクション・コアリションは、加盟国、企業、若者たちのリーダー、市民社会団体、国際機関、慈善団体による革新的なグローバル パートナーシップです。アクション・コアリションのメンバーは協力して、2021年から2026年の5年間に達成を目指す具体的な行動目標を提案します。これらの行動は、クィア女性、トランスジェンダー女性、ノンバイナリー女性、有色人種の女性、障害のある女性、難民の女性、若い女性、先住民族の女性、南側発展途上国の女性など、あらゆる女性の平等を新型コロナウイルス克服以降の世界の目標の中心に据えるものです。

「アクション・コアリションにこのように広範囲にわたる多様なパートナーがいることで、新たな力やエネルギーが生まれます。年齢や分野を超えた連携により、女性が長らく戦ってきた昔ながらの束縛を打ち破る力となります」

UN Women事務局長でCHIME FOR CHANGEの諮問委員会のメンバーである、プムズィレ・ムランボ=ヌクカ氏

フェミニスト・ムーブメント&リーダーシップ・アクション・コアリションの民間部門リーダーとして、グッチは若者主導の組織のリーダーであるハイチのMARIJÀN Feminist OrganizationやベルギーのYoung Feminist Europe、カナダ、オランダ、マラウイの各政府、 Open Society Foundations、国際連合人権高等弁務官事務所、Crea、International Women’s Development Agency、そしてWomen Enabled Internationalと連携し活動しています。さまざまな関係機関とのパートナーシップがアクション・コアリションの原動力となります。リーダーとして積極的な役割を果たすことで、グッチは自社の資源や専門性を活用し、関係者が緊密に連携してグローバルな課題に対する解決策を策定・設計できるよう支援していきます。

3月にメキシコシティで開催されたGeneration Equality Forumでリリースされた、行動を促すアクション・コアリション・ブループリントは、ジェンダー平等のための「グローバル・アクセラレーション・プラン」としてまとめられました。6月30日から7月2日にかけてパリで開催されたGeneration Equality Forumにおいて、グッチは以下のような今後5年間の財政的、政策的、プログラム的、アドボカシー的な一連の取り組みを通し、これらの行動を推進するための大胆なコミットメントを求める上記プランの呼びかけに応えました。

  • フェミニストの組織、グループ、ムーブメント、活動家に対する直接的で中心的、かつ柔軟な複数年にわたる助成金として、今後5年間で250万ドルを拠出します。この助成金は、フェミニストへの資金調達の原則にのっとり、相互扶助や少女が主導するプロジェクトへの支援を目的とし、トランスジェンダーやノンバイナリーな人々、先住民の女性や少女、障害を持つ女性や少女など、支援を受けることが困難な人々や歴史的に疎外されたり犯罪に巻き込まれたりしてきた人々を対象としています。
  • グローバル コミュニティに#ActForEqualを呼びかける世界的な意識向上キャンペーンの展開と実施を通し、今後5年間で約1,500万ドルをプロボノ活動によるメディアプレースメントに拠出します。
  • 活動家やアーティストたちからの寄稿に基づくグッチの雑誌『CHIME』の特別版を通し、Generation Equality Forumに参加していた若いフェミニストたちの声を届けます。
  • 若きフェミニストたちとともに取り組んでいるコラボレーションにおいて、社会的な影響に特化したグッチのデジタルチャンネルを通して認知と対話のためのプラットフォームを提供します。
  • 2025年までに、世界の組織内における同等の役職の男女間の賃金格差是正を達成し、実質的代表と意義ある参加を推し進めます。
  • そしてあらゆる人にとってジェンダー間に格差のない職場づくりを継続するために、社内でさまざまな取り組みを採用、拡大、実施しています。

グッチの取り組みはジェンダーの平等の進展を加速しようとするもので、「グローバル・アクセラレーション・プラン」の一部である「フェミニストの運動とリーダーシップに関するブループリント」に記載されている以下の行動分野に沿っています。

  • さまざまなフェミニストの活動家、組織、ファンド、ムーブメントに資金提供し支援する。
  • フェミニストの行動、組織活動、動員のための公共スペースを推進、拡大、保護する。
  • 異なる背景を持つ女性、少女、ノンバイナリーな人々の有意義な参加、リーダーシップ、意思決定力を促進、拡大する。
  • そして未成年の女性や若いフェミニストのリーダーやその活動、組織を強化する。

このフォーラムは、あらゆる女性と少女たちが人権をようやく手にするための世界的な行動の機会であり、グッチはその大志を共有しています。ジェンダーの平等を目指すグッチのグローバル キャンペーンCHIME FOR CHANGEは、国際的な非営利団体とのプロジェクトを通じて、世界中の少女と女性に手を差し伸べる女性主導の運動やジェンダーの正義を掲げる組織に対し、支援や資源の提供を継続しています。これまでにCHIME FOR CHANGEは89か国にわたり、162のパートナーによる442件以上のプロジェクトをサポートしてきました。キャンペーンの功績について、詳細はこちらをご覧ください。

グッチは、あらゆる場面でジェンダーの平等を推し進めるべく取り組むイニシアティブに誇りをもって参加しています。世界的な医療危機が不平等を悪化させている世界では、市民社会や若者の声を集めるジェンダーの平等を推進するGeneration Equality Forumの目的を追求し続けることが、これまで以上に重要です。詳細およびアクション・コアリションとリーダーの全リストをご覧になりたい場合は、 こちらをご覧ください

Related stories
  • 『CHIME』#GenerationEquality

    ジェンダーの平等を目指した緊急行動を推進する世界中の若い活動家やアーティストたちを結びつける
  • I was a Sari

    ムンバイで社会から取り残されたコミュニティに生きる女性たちをサポートする、循環型経済の取り組み
    I Was Sari
  • CHIME Through the Years:アジア

    CHIME FOR CHANGEのジャーナリズムプラットフォームのアーカイブから、アジアの女性の物語を届けます
previous slide
01 / 03
next slide