Menu

CHIME FOR CHANGE 新たなチャプター

CHIME FOR CHANGEの新たなキャンペーンイメージやアートウォール、非営利プロジェクト、クリエイティブ・コラボレーションが登場します

「To Gather Together」というスローガンのもと、グローバルコミュニティが結集してジェンダーの平等実現への支援を呼びかけるCHIME FOR CHANGEキャンペーンの新たなチャプターがデビューしました。

「人は皆、生まれながらにして平等です。誰もが自身の信条のために立ち上がり、声を届ける力を持っています。世代やコミュニティの違いを超えて手を取り合って集うことができれば、本当の意味での変化を成し遂げることができるでしょう。若い世代の自分を表現することに対する恐怖心のなさに接するとき、自由で平等な未来が実現するのだという希望を抱くことができるのです」と、グッチのクリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレが語っています。

「世代やコミュニティの違いを超えて手を取り合って集うことができれば、本当の意味での変化を成し遂げることが出来るでしょう。」

クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ

「CHIME FOR CHANGEの新たなチャプターでは、公正・公平な世界を生み出すグッチの取り組みをさらに強化します。よりよい未来のために、ジェンダー平等の実現は欠かせません。グッチの創造力やグローバルな社員エンゲージント、非営利プロジェクトの支援といった活動を通じて対話を促し、次世代のリーダーを応援していきます」と、グッチの社長兼CEO、マルコ・ビッザーリは語ります。

イタリアのビジュアルアーティストであるMP5とアレッサンドロ・ミケーレのコラボレーションにより、CHIME FOR CHANGEのキャンペーンイメージが新しく生まれ変わりました。ミラノ、ニューヨーク、ロンドン、香港、上海のグッチ アートウォールで公開されます。新しいイメージは、ジェンダーなどの属性を特定しないシルエットの人物が並んで立つデザイン。今月にはMP5による2分割でペイントされたデザインの壁「On/Off」が、フィレンツェのグッチ ガーデンで披露されました。MP5作品の特徴であるブラックとホワイトが織りなす鋭い対比は、現実世界を批判的かつ政治的な目線で描き出すことを目的とするものです。

CHIME FOR CHANGEの新しいチャプター開始に合わせて、ジェイド・ジャックマン(Jade Jackman)およびIrregular Labs制作によるショートフィルム『The Future is Fluid』が発表されます。昨日開催されたサンダンス映画祭では、プレミア試写会が行われました。本作は、ブラジル、カナダ、インド、イタリア、シンガポール、南アフリカ、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカから集めた出演者をフィーチャーし、Z世代にとっての「ジェンダー」の意味を探求しています。

ジェンダーの平等と自己表現を訴える世界中のコミュニティの声をさらに広げてたたえるため、グッチは今週、雑誌『CHIME』の第1号を出版しました。コミュニティ・オーガナイザー&作家のアダム・イーライ(Adam Eli)が編集を手がけるこの雑誌には、世界中の活動家、アーティスト、作家からの寄稿を掲載しています。本誌はニューヨークにあるグッチ ウースター ブックストア、フィレンツェにあるグッチ ガーデンをはじめ、世界各地の一部書店で販売予定です。さらに1 Granaryとのパートナー提携により、『CHIME』はベルギー、フィンランド、フランス、イスラエル、イタリア、ウクライナ、イギリス、アメリカの大学でも購入が可能になります。CHIME FOR CHANGEの新しいウェブサイト(chime.gucci.com)では、雑誌『CHIME』のデジタル版のほか、CHIME FOR CHANGE名誉編集長であるマリアンヌ・パール(Mariane Pearl)が編纂したストーリーを読むことができます。

CHIME FOR CHANGEは、6年間にわたって156組のパートナー団体と連携し、89か国で425件を超える非営利プロジェクトを実施して、世界中で57万人を超える少女や女性たち、300万を超える家族やコミュニティメンバーのサポートを行ってきました。これを礎として、さらに世界各国のパートナー団体と連携することで次世代のリーダーを応援し、より平等な世界を実現するための新しいプロジェクトを支援していきます。CHIME FOR CHANGEは、GlobalGivingとの戦略的パートナーシップを継続し、その一環としてクラウドファンディングを行い世界中のオーディエンスから追加資金を調達しました。GlobalGiving.org/CHIMEでは下記のプロジェクトを主催します。

  • Equality Now:若い女性アクティビスト達を集めてつながりをつくることにより、中東・北アフリカの人権促進を目指しています。
  • Global Fund for Women:香港、ブラジル、メキシコ各地で、女性に関する切迫した課題に対処するべく若者のリーダーを育てる取り組みを行っています。
  • Ms. Foundation for Women:アメリカに住む有色人種女性や少女たちにまつわる課題に対し、革新的なアプローチで社会運動を行うべく、資金援助を行う団体です。
  • UN Women:ブラジルにおける女性の政治参加や政治的代表性の向上に取り組んでいます。
  • Vital Voices:革新的な参加型プログラムを通じて、イタリアでジェンダーに基づく暴力と戦う若者を支援しています。
  • Women Deliver:優れた若い活動家の間でつながりをつくり、影響力を高めるためにプラットフォーム、人的資源や資金を援助します。

さらにグッチは、パートナーであるBEYGOOD4BURUNDIおよびArtolutionの協力のもと、UNICEFへの支援を継続していきます。BEYGOOD4BURUNDIは、CHIME FOR CHANGEの共同設立者、ビヨンセ・ノウルズ・カーターが起ち上げた団体で、ブルンジの最も弱い立場にある女性や子供たちのために、安全な水の提供に取り組んでいます。また非営利団体であるArtolutionは、パブリックアート制作プログラムによる自己表現を通じて、世界各地の難民や弱い立場にある人々に勇気を与え、社会正義を促進する活動を行っています。グッチはCHIME FOR CHANGEの取り組みの一環として、インドで社会から取り残されたコミュニティに生きる女性たちを職人として育てるためのトレーニングを行う社会事業団体「I Was A Sari」とのパートナーシップも拡大していきます。

グッチが2013年に立ち上げたCHIME FOR CHANGEは、教育・健康・公正に焦点を当て、ジェンダーの平等を推進するグローバルな取り組みを支援するプロジェクトです。CHIME FOR CHANGEの共同設立者であるサルマ・ハエック・ピノーとビヨンセ・ノウルズ・カーターは、パートナー団体と連携してキャンペーンを展開してきました。資金調達パートナーには、ケリング・ファウンデーション、Hearst Magazines、Facebook、Bill&Melinda Gates Foundationなどがあります。

ショートフィルム『The Future Is Fluid』は、以下リンクからご視聴いただけます(on.gucci.com/FutureIsFluid)。

タイトル「To Gather Together」は、ダニエレ・ロンバルディ氏のご厚意による提供です

Related stories
  • I was a Sari

    ムンバイで社会から取り残されたコミュニティに生きる女性たちをサポートする、循環型経済の取り組み
    I Was Sari
  • CHIME Through the Years::ラテンアメリカ

    ラテンアメリカのジャーナリストたちが、女性と少女たちの抱える問題にまつわる力強い物語をレポートします
  • #StandWithWomen

    CHIME FOR CHANGEとケリング・ファウンデーションは、新型コロナウイルス禍でのジェンダーによる差別や暴力の撲滅を呼びかけます
    #StandWithWomen
previous slide
01 / 03
next slide