Menu

雑誌『CHIME』No.3

ジェンダー平等に向けた闘いを主導する、世界中の人々の声を届けます

女性史月間に合わせ、CHIME FOR CHANGEはジェンダーの平等を目指して闘う世界中のアクティビストやアーティストたちの声を届ける雑誌『CHIME』第4号を発刊しました。

オーガナイザーであり作家のアダム・イーライが編集を、ビジュアルアーティストMP5がアートディレクションを再び担当した最新号は、世界中の女性主導のムーブメントに焦点を当て、 ポーランドのWomen’s Strike、ナイジェリアの#EndSARS、トルコの女性を標的とした殺害事件との闘い、エジプトの若者によるフェミニズム運動、イタリアのフェミニストによるアートやコミックシーンなど、草の根活動を行う組織やムーブメントの発生を紹介した寄稿を掲載しています。

「変化は、念入りに計画されたタイムテーブルに従って叶えられるものではありません。社会から取り残された人々の要求があってはじめて、変化は起こるのです」

雑誌『CHIME』編集者、アダム・イーライ

今回の最新号では、以下のようなジェンダーの平等に関するさまざまなトピックを取り上げたエッセイ、インタビュー、アートワークなどを掲載しています。

  • Ola Jasionowska氏による、社会的ムーブメントにおける視覚的シンボルの重要性について
  • Karolina Gembara氏による、ポーランドでの抵抗運動について
  • Günseli Yalcinkaya氏とMelek Önder氏による、トルコに蔓延する女性を標的とした殺害事件とWe Will Stop Femicide Platformについて
  • Fadila Khaled氏による、エジプトの若者によるフェミニスト運動と、新世代のために抵抗の伝統を守ることについて
  • Tami Makinde氏による、女性たちや社会から取り残された人々の集団が、いかにナイジェリアの#EndSARS運動に力を与えたかについて
  • Compulsive Archiveによる、1990年代から2000年代にかけてのローマのラディカルでクィアなフェミニストシーンの歴史を、デジタル世代に残すことの重要性について
  • Fumettibruttiによる、性暴力にまつわるスティグマを掘り下げたオリジナルコミック
  • ハッシュタグ#DisabledandCuteの作者、Keah Brown氏による、ロクサーヌ・ゲイとの出会いについて

この雑誌は、フィレンツェのグッチ ガーデンおよびニューヨークのグッチ ウースター ブックストアにて、数量限定で発売される予定です。インタラクティブなデジタル版は、こちらのGucci Equilibriumでご覧いただけます。なお、ダウンロードも可能です。

Related stories
  • 『CHIME』#GenerationEquality

    ジェンダーの平等を目指した緊急行動を推進する世界中の若い活動家やアーティストたちを結びつける
  • I was a Sari

    ムンバイで社会から取り残されたコミュニティに生きる女性たちをサポートする、循環型経済の取り組み
    I Was Sari
  • CHIME Through the Years:ヨーロッパ

    ヨーロッパの女性たちがCHIME FOR CHANGEのジャーナリズムプラットフォームで語る物語
previous slide
01 / 03
next slide