Menu

環境損益計算書

グッチは、サプライチェーン全体の活動による影響を注視することで、目に見える変化を促進しています

グッチでは、事業活動に伴う環境への影響を毎年厳格に数値化しています。これによって目に見えないものが可視化され、環境に対するコストが測定可能かつ説明可能なものとなっています。自社の事業による直接的な影響に対応する企業は増えてきましたが、「サプライチェーンインパクト」として知られる「外部性」はまだ軽視されています。グッチは、地球規模での気候変動や生物多様性の危機に対処するためには、あらゆる環境負荷の軽減に取り組むことこそ企業の責任であると信じています。そのため、グッチでは原材料の調達から、製造・加工、そして製品がショップに届けられるまでの全段階における環境負荷も測定対象に含めています。

グッチの環境負荷分析は、親会社であるケリングが開発した環境損益計算書(EP&L)によって行われています。EP&Lでは、温室効果ガス排出、大気・水質汚染、水の消費量、土地利用、廃棄物算出量を、サプライチェーン全体で測定。そして事業活動の結果として起こりうる環境の変化を数値化し、その社会的コストを算出します。EP&Lの詳細については、こちらの図をご覧ください

環境への影響のすべてを測定することは、事業活用による環境負荷の大きな要因にフォーカスし、より良い決定を下すことにつながります。このデータに基づくアプローチによって、フットプリントを削減し、目に見えるポジティブな変化をもたらすための方針や確実性の高いプログラムの策定が可能になりました。また数値の詳細な分析を続けることで、環境の変化がもたらすさまざまな危機やチャンスを捉えやすくなります。グッチは2011年に社内モニタリング用のEP&Lを導入し、2015年よりケリンググループのEP&L内で年次の結果を公開しています。2019年にはさらなる透明性を図るべく、独自のグッチ デジタルEP&Lを立ち上げ、全データをオンラインで公開しました。グッチはこのオープンソースプラットフォームが、ファッション業界の多くの企業にとって自社の事業による自然への影響の理解に役立ち、最終的には業種を超えてポジティブな変化に向けた取り組みや協働が進むことを願っています。

グッチは、2025年までに、2015年の数値を基準として全体のフットプリントを40%、温室効果ガス排出量を50%削減するという目標を設定。EP&Lをベンチマークとして使用して、グッチの持続可能性の進歩を図式化し、この意欲的な削減目標を達成するために果敢に取り組んでいます。ここまでの努力が奏功し、現在、目標まであと一歩というところに来ています。2019年のEP&Lでは、2015年以降、会社の成長と相対して、環境に対する全体の影響は39%の削減、温室効果ガス排出量単体では37%の削減まで達成しました。このデータを2018年のEP&Lと比較すると、会社の成長と相対して排出量は18%の削減、全体の影響は21%の削減を達成しています。

こうした素晴らしい成果は、バリューチェーンの中でも特にポシティブかつ定量化できる変化への影響の大きな分野を積極的に改善したことによるものです。持続可能な改善の例を挙げると、製品製造における再生原材料や有機繊維の使用の増加、100%倫理的な方法で調達されたゴールドや責任ある形で調達された貴金属を使用したジュエリーの展開、レザーのGucci Scrap-lessGucci-Up による循環型生産のための持続可能なプロセスや効率性の拡大、グリーンエネルギーへの移行などがあります。グリーンエネルギーについては、ショップ、オフィス、倉庫、工場での再生可能エネルギー使用率が2020年末に100%に達しました。結果の詳細をご覧になる場合は、こちらよりグッチのインタラクティブ デジタルEP&Lにアクセスしてください。

2019 EP&L in numbers:
– 39% reduction of total footprint since 2015, relative to growth
– 37% reduction of greenhouse gas emissions since 2015, relative to growth
– 21% reduction of total footprint and a -18% decrease of greenhouse gas emissions, compared to 2018 EP&L and relative to growth
EP&L Y2015 Y2018 Y2019
EP&L value (th. €) 172.782 284.860 260.127
Revenues (mln €) 3.898 8.285 9.628
EP&L Intensity (EP&L/Revenue) 44,33 34,38 27,02
Annual variation -21,42%
Variation from target baseline (2015-2019) -39,05%
EP&L
EP&L value (th. €)
open
Y2015
172.782
Y2018
284.860
Y2019
260.127
Revenues (mln €)
open
Y2015
3.898
Y2018
8.285
Y2019
9.628
EP&L Intensity (EP&L/Revenue)
open
Y2015
44,33
Y2018
34,38
Y2019
27,02
Annual variation
open
Y2015
Y2018
Y2019
-21,42%
Related stories
previous slide
01 / 03
next slide