Menu

持続可能なファッションショー

ファッションブランドとして初めて、ISO20121規格に準拠したファッションショーを開催

カーボンニュートラルへのコミットメントに従い、グッチは国際規格ISO20121に準拠したファッションショーを開催するという先駆的な一歩を踏み出しました。この規格は、始まりから終わりまで持続可能なイベントを実施するための枠組みと指針を示したものです。

2019年9月に開催された2020年春夏コレクションショーを始まりとして、グッチはファッションショーの環境への影響を測定および軽減し、関連するすべての計画やプロセスを最適化して、より環境効率の高いものにすべく努力を続けています。その一環として、持続可能な材料調達、再利用、リサイクル、レンタルが可能な資材の優先使用、地元のケータリングの優先活用、使い捨てプラスチックの使用回避、残った食品の寄付、グリーン電力およびLED照明の使用、より環境に優しい輸送手段の選択などを行っています。これらのアクションがISO20121規格に準拠していることを確認するために、認定された第三者機関がグッチのファッションショーの管理システムを検証しています。

持続可能な管理に加えて、カーボンニュートラルな取り組みの一環として、グッチは、ショーに出席するゲストや社員の移動手段など、ショーのあらゆる側面から生じる温室効果ガス排出量にも責任を負います。ショーの参加者1名ごとに1本の木が植えられ、対処できていない排出量を相殺します。

2019年10月にミラノで行われた最初の植樹は、NGOのRete Climaと共同で開催、グッチの社長兼CEOのマルコ・ビッザーリ、ミラノ市長ジュゼッペ・サーラ氏、イタリアファッション協会会長カルロ・カパーザ氏、そしてGucci Changemakersボランティアプログラムの一環として、グッチの社員が参加しました。これまでに、グッチは数千本もの樹木をミラノ市に寄贈しており、ForestaMiプロジェクトのもと、都市の緑化に貢献してきました。

グッチが植えた木々は、すべての市民が利用できる素晴らしい森の一部となります

ミラノ市長ジュゼッペ・サーラ氏

数値で見る、グッチの2020年持続可能なファッションショー:

  • 約80% – 使用した資材のうち、リサイクル資材、レンタル資材の割合
  • 100% – プラスチックフリーのケータリング
  • 約6,000 – ミラノに寄贈した樹木数
Explore other topics
Related stories
previous slide
01 / 03
next slide