Menu

ジェンダーの平等を訴える声を集め、ひとつにして、強化するグローバル キャンペーンです。

CHIME FOR CHANGEは、国や世代を超えて、ジェンダーの平等に向けて行動するコミュニティへの参加を促すことを目指しています。

CHIME FOR CHANGEは、共同発起人であるサルマ・ハエック・ピノーとビヨンセ・ノウルズ・カーターとともに2013年にスタートしました。

これまでにCHIME FOR CHANGEは1,750米ドルの資金を調達し、Equality Now、the Global Fund for Women、I was a Sari、Ms.Foundation for Women、mothers2mothers、UN Women、Artolutionなどのパートナー団体を通して、世界各地の数百のプロジェクトに活動資金を提供してきました。2019年には、グッチのクリエイティブ・ディレクター アレッサンドロ・ミケーレがイタリアのビジュルアーティスト MP5とコラボレーションし、CHIME FOR CHANGEの新しいキャンペーンアイデンティティを製作しました。

「私が目指したのは、グッチ コミュニティ全体がジェンダーの平等を支持しその実現のために集結しているという、クリアで力強いメッセージを発信することです」

クリエイティブ・ディレクター、アレッサンドロ・ミケーレ

ジェンダーの平等と自己表現を訴える世界中のコミュニティの声をさらに広げてたたえるため、グッチは2019年に雑誌『CHIME』を創刊しました。アダム・イーライが編集し、MP5がアートディレクションを手がけるこの雑誌には、世界中の活動家やアーティストからの寄稿を掲載しています。最新号のデジタル版はhttps://equilibrium.gucci.com/zine/からダウンロードしてご覧いただけます。

世界中の女性と少女たちのために変化をもたらすという取り組みの一環として、CHIME FOR CHANGEは2020年、ケリング・ファウンデーションと連携して#StandWithWomenキャンペーンを立ち上げました。世界各地の女性や少女たちを支えるために活動する非営利団体への支援を拡大し、新型コロナウイルス感染症の発生以来深刻化している、ジェンダーに起因する暴力の根絶を目指します。CHIME FOR CHANGEとケリング・ファウンデーションからの支援により、これらのグローバル パートナーは、すべての女性の安全、健康、公正のための活動を継続することができます。特に行政サービスやリソースへのアクセスが限られているまさにこの時期、有色人種の女性、トランスジェンダー、先住民の女性、障害のある女性は、より一層の支援を必要としています。CHIME FOR CHANGEのパートナーの主要な成果など、#StandWithWomenの詳細については、こちらをご覧ください。

Chime For Change in numbers
17.5 million USD raised to support gender equality projects and advocacy in 89 countries
442 projects funded with 162 nonprofit partners
More than 570,000 girls and women globally have benefitted directly from CHIME FOR CHANGE projects, which have reached more than 3 million family and community members

CHIME FOR CHANGEが支援するプロジェクトやイニシアティブの詳細については、こちらをご覧ください。

Co-Founders

Advisory Board