Menu

プラスチック

循環型経済におけるプラスチックの継続利用と環境への配慮

グッチでは、より持続可能な代替品としてリサイクルプラスチックとバイオプラスチックを優先的に使用すると同時に、プラスチックへの依存度を大幅に削減しています。また、製品をはじめ、オフィスやショップ、ファクトリーを含むサプライチェーン全体に、プラスチック代替品の使用を促進する取り組みも行っています。これは、親会社であるケリングの原材料や製造工程の基準に沿った取り組みであり、2025年までに100%の達成を目指しています。これに伴い、グッチはその製品やパッケージ、ビジュアルマーチャンダイジングで使用するバージン化石燃料を原料とするプラスチックや合成繊維を、より持続可能な代替品に置き換えています。

ここ数年、私たちがプラスチックに関しスタートさせた画期的なプログラムには、以下のようなものがあります。

• 2015年より、すべての製品でPVCの使用を禁止。

Gucci Off The Gridコレクションに代表される、合成ファブリックの再生&バイオ由来素材への置き換え。

• 2015年より、シューズのヒールに使用するバージンプラスチックを再生アクリロニトリル-ブタジエン-スチレン(ABS)プラスチックに順次切り替え、ソールにはバイオプラスチックを最大50%含む熱可塑性ポリウレタン(TPU)を使用。

• ショッピングバッグ用のレインカバーはすべてリサイクルポリエチレン製、ウェアコレクションに使用するハンガーはリサイクルポリスチレン製。

• 親会社ケリングが主導するFashion Pact(ファッション協定)に署名し、2030年までにパッケージにおける使い捨てプラスチックの使用を廃止。

• 工業用パッケージを再利用することで、企業間包装におけるプラスチックのフットプリントを削減。

• グッチのアクセサリー用のプラスチック製保護用ボックスを再利用する「Take Back」プログラムをスタートし、2019年に使用した26トンのプラスチックに相当する22万個の新しいボックスの生産を回避。

Plastics in numbers:
100% PVC-free since 2015
Eliminating single use plastics in packaging by 2030
220,000 boxes reused for B2B packaging in 2019
Related stories
previous slide
01 / 03
next slide